沿革(旧東山電器)

1937年
東京都台東区浅草の地に、山崎又一郎が有限会社東京山崎電線を興し、電設資材の販売を始める。
1944年
通信機用変圧器の製造を陸海軍から指定され、荒川区三河島に移設。新興無線電機株式会社と改称し、終戦まで変圧器の生産を継続。
1945年
北区田端新町に新工場を設立し、民需用変圧器メーカーとして生産を開発し、社名を東山電器株式会社と改称、代表取締役に山崎又一郎が就任する。
1949年
米国GE社の技術を受け、CSP変圧器を生産し、輸出業務を開始する。
1953年
配電盤工場を新設し、高低圧受配電設備の生産開始。
1964年
変圧器工場、配電盤工場を統合、設備の拡充を計り松戸市小山に移転。
1966年
本社を現在地のTNビルに移転する。
1968年
綜合電気機器販売を主目的として機電事業部を設立。
1969年
大型変圧器工場を新設し、生産開始。
1973年
OA機器用電源装置の量産化、小型変圧器のモールド化に着手。
1983年
エフェ・シリーズなどに依るエネルギー有効利用、システム機器の開発。
1985年
松戸市稔台に移転し、CADシステムの導入に伴い、生産設備の合理化を計る。
1987年
レジン・モールド変圧器生産の本格化。
1988年
NCRトランスの量産化。
1999年
(株)NTTファシリティーズ NQAS認証取得。
2002年
ISO14001認証取得。
2005年
福山電気株式会社の子会社となる。
2009年
ISO9001認証取得。
2014年10月
福山電気株式会社に事業譲渡